家庭菜園と私のベジタリアン・ライフ

初めまして。私は10年前に急に肉や魚が食べられなくなりました。
食べられないだけでなく料理するのも嫌になってしまったのです。

もともと食いしん坊で、料理が趣味で、海外在住時や旅に出れば、その国の料理を覚えるのが楽しみだった私には、とてもショックな出来事でした。亡き母からのレシピがもう使えない。本棚にある何百冊もある料理の本が役に立たない。結婚してからずっと記録してきたお客様のメニューブックも参考にならない。

一時は落ち込んでしまいましたが、どんな人にも美味しくて満足できるベジタリアン料理を作れるようになればよいのだと気付き、気を取り直しました。

それから私のベジタリアン料理の勉強が始まりました。精進料理、薬膳、マクロビオティック、世界各国の菜食料理。今ようやくそれらを消化して、ベジタリアンになる前に作っていた我が家の味を、ベジタリアン・バージョンで作れるようになりました。

美味しい野菜を食べたくて、本を片手に野菜作りを始めて8年になります。そんな私のベジタブル・ライフを綴って行きたいと思います。

2015年4月1日

15-04-10 web hj

 

ブログ

老人ホームのレストラン

クリスティーナ先生の終の棲家となった老人ホームには、1階の入り口を入ったホールの横に、外部の人も利用出来るレストランがあります。 美味しいので、Nさんは先生を訪ねた時によく利用したとのこと。 ホーム入居者は自分のその日の …

棺衣・打ち合わせ

クリスティーナ先生の亡骸にお別れをし、先生の終の棲家を訪ねて、私もNさんも心身共に疲れて帰途につきました。私は何かホッとするような甘いお菓子が食べたくなり、Nさんに言うと「今しか食べられない伝統的なお菓子があるけれど、エ …

残されたもの

クリスティーナ先生の部屋のソファーに座って、改めてまわりを見て、部屋の中が何となく雑然としているのに気付きました。 先生が病気になって、お世話をしていたNさんや親しい方が連絡しても、何か月もお返事も来なかった養女の方が、 …

日本の豊かさ

あんなに気丈なクリスティーナ先生が如何してこんなに早く亡くなってしまったのか? Nさんのお話を聞いて、親しかった人達の言葉や様子から、先生が無念の思いで他界されたのが分かり、私は今それを一生懸命整理して心の中に納めようと …

終の棲家

ヨーテボリに着いたその翌日、私は朝早く起きて、真っ暗な中、Nさんに連れられて先生の亡骸にお別れに行きました。お葬式まで安置所に保管されている亡骸に、予約すると面会出来ると聞いて、Nさんにお願いしたのです。 国立病院の広い …

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
PAGETOP
Copyright © Emiko's Vegetable Haven All Rights Reserved.