家庭菜園と私のベジタリアン・ライフ

ブログ

老人ホームのレストラン

クリスティーナ先生の終の棲家となった老人ホームには、1階の入り口を入ったホールの横に、外部の人も利用出来るレストランがあります。 美味しいので、Nさんは先生を訪ねた時によく利用したとのこと。 ホーム入居者は自分のその日の …

棺衣・打ち合わせ

クリスティーナ先生の亡骸にお別れをし、先生の終の棲家を訪ねて、私もNさんも心身共に疲れて帰途につきました。私は何かホッとするような甘いお菓子が食べたくなり、Nさんに言うと「今しか食べられない伝統的なお菓子があるけれど、エ …

残されたもの

クリスティーナ先生の部屋のソファーに座って、改めてまわりを見て、部屋の中が何となく雑然としているのに気付きました。 先生が病気になって、お世話をしていたNさんや親しい方が連絡しても、何か月もお返事も来なかった養女の方が、 …

日本の豊かさ

あんなに気丈なクリスティーナ先生が如何してこんなに早く亡くなってしまったのか? Nさんのお話を聞いて、親しかった人達の言葉や様子から、先生が無念の思いで他界されたのが分かり、私は今それを一生懸命整理して心の中に納めようと …

終の棲家

ヨーテボリに着いたその翌日、私は朝早く起きて、真っ暗な中、Nさんに連れられて先生の亡骸にお別れに行きました。お葬式まで安置所に保管されている亡骸に、予約すると面会出来ると聞いて、Nさんにお願いしたのです。 国立病院の広い …

心温まるケールのスープ

スエーデンのヨーテボリに1時間遅れで夕方遅く着き、空港と市内を結ぶバスに乗り、その日からお世話になるNさんに電話を入れました。 空港から20分ほどの最初のバス停で降りると、Nさんが待っていらっしゃいました。昨年12月半ば …

帰国しました

今週初め帰国し、横浜でMさんの作り置き料理や用事を済ませ、一昨日伊豆に戻りました。 今回は自分の体力を考えて、日本から最短12時間半でスエーデンのヨーテボリまで行ける、フィンランド航空のヘルシンキ経由で、恩師の街へ向かい …

出発

完成した金の装飾帯 見る角度で、色も輝きも違って見えます。 金糸に針の先が当たると、金糸がつれてしまうので、先の丸い針で一針一針手縫いしました。 返す部分に折りシワがつかないように、薄紙を巻いたのをあてて 屏風だたみにし …

金の帯完成

金の装飾帯が織り上がり、縫製も終わった、その翌朝・・・ スエーデンのNさんから「先生が他界された」の知らせがありました。 金の帯を荷造りする前に写真を撮りました。カメラでは普通に撮れたのに、アイフォンのカメラには金色の光 …

虹のプレゼント

一昨日、草の根活動の集まりが我が家でありました。2018年は私達にとって本当に厳しい年だったので、晴れて2019年を迎えられた喜びはひとしおでした。 その集まりの最中に 「虹」 の 声 窓の外を見ると・・・ 虹の七色が、 …

1 2 3 38 »
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
PAGETOP
Copyright © Emiko's Vegetable Haven All Rights Reserved.