3度目の骨折から4か月以上、4月から毎日朝と夕方散歩するようしたら両足の筋力がついてきて、足に力が入るようになって来ました。それで先日思い切って1年半ぶりに畑仕事を少ししてみました。

どうなっているかドキドキしながら行った貸農園の我が畑2区画。

昨年9月末、草刈りボランティアに来てくれた旧友が夏の間に茂った雑草を抜いて積んでくれたので、思ったよりボーボーではありませんでした。

こちらの区画はフェンネルとルバーブが生き残っていて嬉しくなりました。

でもこのまま放っておいたら、あっという間に雑草で手がつけられなくなります。これから何を育てるかにかからわず、先ず黒マルチを畑の前面に敷いて雑草が育たないようにする事に決めました。それでマルチを敷けるようにポールを片付けたり、背が高くなった雑草を切ったり・・・

平らになりました!

花の着いたルバーブの塔を切り、フェンネルを残し、塔の立ったチコリも切って、平らにしました。ここまでしたら疲れて来たので、引き上げる事に。「もう少し」と言う時に転んだりするので自制&自制です。

今日は雨と霧

畑仕事の続きは出来ません。

車には黒マルチが積みっぱなしです。

無いのに気が付いて買って来た、マルチを地面に止めるピン。

こんな形をしています。

病気と骨折で1年半ぶりの野菜作り、何を育てようか色々考えて、一番手間がかからなそうな野菜で再スタートすることに。育てるのはこれ、バケツに入っているものです。

何でしょう?

さつま芋です。

苗を買って来て生けてあります。

1束だけ残っていた「鳴門金時」です。

畑にマルチを敷いてから、マルチに丸い穴を開けてこの苗を植え付けます。後は秋の芋堀まで放って置くだけ。

さつま芋は手間がかからず、病気も少なく、連作も出来るし、葉も食べられて、お芋は長期保存できるし、スゴイ野菜です! 私が食べる量はほんの少し、後は冬の間に「干し芋」にする予定です。 さつま芋の後には大根の予定です。大根も葉も食べられるし、根は切り干し大根にするつもりです。

さつま芋と大根、これが私の家庭菜園再スタートメニューです。これなら今の私の身体でも出来そう、何だか地味ですがやってみようと思います。