家庭菜園と私のベジタリアン・ライフ
ブログ

織物

出発

完成した金の装飾帯 見る角度で、色も輝きも違って見えます。 金糸に針の先が当たると、金糸がつれてしまうので、先の丸い針で一針一針手縫いしました。 返す部分に折りシワがつかないように、薄紙を巻いたのをあてて 屏風だたみにし …

金の帯完成

金の装飾帯が織り上がり、縫製も終わった、その翌朝・・・ スエーデンのNさんから「先生が他界された」の知らせがありました。 金の帯を荷造りする前に写真を撮りました。カメラでは普通に撮れたのに、アイフォンのカメラには金色の光 …

大晦日

2018年最後の日が暮れて行きます ひたすら織り機に向かう年末でした。 棺衣のための金の装飾帯 寒くて広いアトリエで、一人静かに織り機に向かう、静寂の中聞こえるのは機の音だけ。 織る事に集中していると、雑念が消え、自分に …

金の装飾帯・サンプル織り

12月13日朝、その日の午前3時にパッキングしたこの包、この包をスエーデンへ帰るNさんに手渡すのに、私は羽田空港へ向かいました。 包みの中は「棺衣」のベースとなる、↓この藍色のダマスク織の布・・・ スエーデンの織物の恩師 …

藍染

2枚の布を繋ぎあわせて仕立てる棺衣の、その繋ぎ合わせ目を刺繍ではなくて、ダマスク織りの金色の帯で装飾することになりました。 20年以上に前に織った棺衣の生地と同じ糸を倉庫から探し出しました。 ペルー産の絹のような光沢のあ …

縦繋ぎ

11月に入って、棺衣を織るために織機を1台空ける作業を始めました。 織機を3台連結して行っていた経糸のセッティングを終わらせて、一番後ろの織機1台を外すのです。 織り終わった布の経糸の最後と、これから織る布の経糸の始めを …

棺衣・Funeral Pall

10日前、スエーデンのNさんから届いたメール、その内容はとてもショックなものでした。 そのメールを読んで直ぐに、私は倉庫から20年以上も前に織った作品を出して、リビングのテーブルの上にひろげました。 「棺衣」かけぎ・Fu …

PEACE QUILT ☆ ピース・キルト

一昨日の夜中の家事室 昔織った布を引っ張り出して・・・ 作業中でした。 私はこのスケッチを元に、小さなキルトを作っていました。 イスラエルとパレスチナの女性が平和を求めて共同設立した Women Wage Peace と …

Present は Presence

昨年秋にMさんが車を岩にぶつけて運転を止め、Mさん一人で何処へも行けなくなりました。それで、便利な横浜へ本拠を移し、私がここ伊豆の家に織物の仕事に通う決断をしました。横浜の家をシニアが安全に暮らせる家に修理する事に決め、 …

海の幸・山の幸

  伊豆の山にも秋がやって来ました。 玄関先のツワブキが黄色い花を咲かせ、千両は真っ赤な実をつけています。 先日、北海道から小包が届きました。宅配便でなく普通小包、一抱えある大きさなのに意外に軽い・・・ 何かし …

1 2 »
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
PAGETOP
Copyright © Emiko's Vegetable Haven All Rights Reserved.