家庭菜園と私のベジタリアン・ライフ
ブログ

食養料理

Healing Dishes

小豆カボチャ

前回お話した腎臓の弱い人や糖尿病の人によい、食養料理「小豆カボチャ」の作り方です。 小豆カボチャ <作りやすい分量> カボチャ 500g 小豆 1カップ(180g) 昆布 3cm角 水 3カップ 塩 小さじ1弱 <作り方 …

ダウン寸前

タイトな毎日が続いてダウン寸前になりかけていました。 朝、目が覚めても起き上がれない、、、 あんまり綺麗な日の出なので、頑張って起き上がって撮った写真です。 色々な姿の、何だか生き物のような雲が、西から東に流れていました …

謹賀新年

明けましておめでとうございます。 大みそかは疲れ果てて早く休みました。2016年1月1日目が覚めて、最初にしたのは、お花を生け直した事です。クリスマス用に生けてあった千両に、横浜の家の庭から持って来た南天を添えてお正月風 …

スープが残ったら?

このところ本当にあわただしい日々が続いています。毎日クタクタですが、何とか体がもっているのはこのスープのお蔭だな~と思います。体の陰陽を調える「甘い野菜のスープ」です。なくなったら作り、なくなったら作り、冷蔵庫にこのスー …

甘い野菜のスープ

前回お話した、「甘い野菜のスープ」の作り方をご紹介します。 このスープの基本材料は 玉ねぎ、キャベツ、南瓜、人参です。 マクロビオティックでは、地表近くに出来る丸い野菜は天と地のエネルギーを同じくらい受けるので陰陽のバラ …

甘い野菜ドリンク

昨日からお天気が崩れまた雨が降り始めました。 今朝テラスは17度を切り、一日中気温が上がりません。 伊豆の九月はまだ残暑厳しい夏だったのに。 太陽は晴れの日でも弱く、曇りの日はとても暗くて、まるで北ヨーロッパのようです。 …

小豆入り玄米ご飯の炊き方 ・ その2

  前回「小豆入り玄米ご飯の炊き方 その1」の続きです。 このように8時間浸水し十分に吸水した玄米を、今はドイツのシラルガンの圧力鍋・Sicomatic-T 4,5リットル に直接入れて炊いています。 この圧力 …

小豆入り玄米ご飯の炊き方 ・ その1

  毎月、1日と15日に小豆ご飯や小豆粥を食べる習慣がまだ残っているところがあります。 万病を排して邪気を払うと言われるように、小豆には排毒、解毒の力があります。 利尿作用もあり、お通じにもよいので、体が重い時 …

PAGETOP
Copyright © Emiko's Vegetable Haven All Rights Reserved.